なんで見えているんですか!?

これが見えてしまった方は直ちに管理人にお問い合わせください。本来この文章が表示されるはずがありません。表示されたとしたら、管理人のミスです。

しばらくお待ちください

予期せぬエラーが発生しました

ページの表示中にエラーが発生しました。このページは現在閲覧することができません。管理人がこのページをメンテナンス中か、システム側でエラーが発生したことを表します。こちらからトップに戻ることができます。


{ERROR}

各種製造番号のあれこれ - GTLibrary

最終更新日: 2021年9月7日 管理人: 銀河連邦

2020.6.1~: 23,564(348,329) TODAY: 17(240)

このページの最終更新: 2021年8月16日

製造番号について

当たり前ですが、各メーカーはそれぞれ機器を製造する際に、各灯器で「基本」固有の番号などをつけて識別をしています。(基本、と書いたのは一部では重複も発生しているからです)。このページでは、その製造番号に関して、メーカー別にそれぞれの特徴を分析して紹介します。

このページの内容は、管理人が集めた数少ないサンプルの中から、管理人の独断と偏見により分析を行っております。必ずしも合っているとは限りません。あくまで、今後銘板の製造番号に着目する際のちょっとした着眼点の一つとしてとどめてもらえれば幸いです。

小糸工業(コイト電工)

小糸は、製造番号に関してかなり大きな特徴があります。具体的に言えば、その灯器に付番した際の「製造年月」、「灯器の種類」等までがわかる場合があります(勿論、全てではありません。)

下記入力欄に半角英数字で製造番号を入力してみてください。入力するたびにその灯器もしくは制御機に関する推測情報が出ます。なお、サンプル数が少ないため、意図しない結果が出ることがありますがあくまでお遊び程度に使ってみてください。

製造番号を入力すると、その製造番号をもとに灯器や機器類の情報を断片的に推測します。

サイト更新履歴(β)

※ページ名が表示されない場合、プログラムコードの調整がメインです(何かしら手を加えています)

すみません、広告です

管理人ってどんな人?

銀河連邦

何かを作ったりすることが好きで、信号機は2歳のころから興味を持っていたらしい。当初はレアネタを求めてあっちゃこっちゃしていたが、現在は交通信号機やそれに付随する様々な研究と調査・分析をメインとしている。自立歩灯と屈折設置が大好き。極度のめんどくさがり屋なので、このサイトはほとんどすべて動的に作成されるように作られている。