【暫定公開】MCreatorの使い方⑦ – イベント一覧と簡易的な説明

2017年2月2日公開 2017年2月2日最終更新


久々の記事更新です、長らくお待たせしました。今回は、MCreatorのイベントに関する記事を公開したいと思います。とはいうものの、イベントに関して完全に理解しているわけではなく、一部誤った情報もあったりします。

また、今回の説明はわかりやすい(?)Wikiがありましたので、英語が得意な方はそちらをご覧になられてはいかがでしょうか。(MCreatorWiki→https://mcreator.pylo.co/wiki/index.php/Usage_of_events)ちなみに、当記事も一部Wikiの内容に基づいて編集しています。

現在はイベントを一部のみ公開しております。申し訳ございませんがしばしお待ちください。

そもそもイベントってなんなん?

イベントというものがわからない方もいるかと思います。イベントは、「○○したら××する」のようなもののことをいいます。言葉で説明するとわかりにくいですね。

たとえば、「ブロックを壊したら自分は死ぬ」というイベントなどがそうです。これを当てはめていくことにより、多機能なModが完成することになります。(ただしこちらのイベントツールで使用できるものは限りがあります。Javaを知っている方は、後述する「Custom Code」が使いやすいかと思います。)

イベント一覧

Custom Code

これは、直接Javaコードを入力することによりイベントを生成するためのものです。こちらはJavaにある程度の知識を持っている方がご利用ください。当記事ではこちらは割愛させていただきます。(…というか自分も理解しきれていない)

Open Basic GUI

基本的なGUIを開くらしいです。所謂かまどとか作業台のあれです。

上のGUIのことをさしているのだとは思いますがよくわかっていません。

Remove Block

その名のとおり、指定したブロックを消します。

Add Block

これも字のごとく、指定したブロックを追加(ようは配置)します。

Remove Block with drop

ブロックを消すこと自体はRemove Blockとなんら変わりませんが、違いは、ドロップすることです。サバイバルでブロックを壊すと、ドロップしますよね? あれと同じようなものです。いくつ落とすかなども指定できるそうです。

どこにどんなパラメーターを載せるかまでは書かれていませんでした。Java系の知識が必要になるかと思われます。

Place schematic

指定した座標に指定した建物を置くことができます。これは、schematicファイルといわれる建物を格納したデータを指定することにより、その建物をおくことができます。このファイルは「MCEdit」を使うことにより手軽に作成できます。詳しくは割愛します。

Change Gamemode

これもまんまです。ゲームモードを変えます。

Shoot Arrow

矢を放ちます。勢いなども指定できるようです。Power of Arrowパラメーターにて、設定をします。なお、弓を持って矢を放つとき、最大限にして放つときの強さが4らしいです(要検証)。

Explode

指定した座標を指定した勢いで爆発させます。

記事はもう少し続きます。が、現在できていません。イベントの内容が判別しだい追記していきます。

 


2 件のコメント

  • 1 より:

    どの項目にも存在するConditionにある、
    randomPossibility[50%]
    の所ですが、[]内の確率でこのイベントが発生する、と考えて宜しいでしょうか。

    そうなるとラッキーブロックのような物が
    作れそうですね。

    上から金床を降らせるやり方も知りたいので、
    できれば調査お願いします。

    • 銀河 連邦 より:

      コメント、ありがとうございます。
      直訳すると確かにそのような解釈ができますね。検証の元参考にさせていただきます。
      上から何かを降らせる、ですか。。。
      とりあえず調査はしてみますが、このツールは本当に何でも作れるわけではないので、無理かもしれません。その際はJavaを勉強しないとならなくなりますね。。。

      返信遅れてすみませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


広告です

更新すらしていないけど記事検索する?

遺産級である「最新」の投稿

古すぎる最新記事

カテゴリー

所長の近況

【公式】銀連Minecraft研究所+
@gingacraft